これまでにも、コピートレードというサービスは存在しましたが、

その大半が個人トレーダーによるコピートレードサービスでしたが、

ライアン氏のコピートレードサービスに関しては、

正真正銘の現役ヘッジファンドマネージャーによるコピートレードになります。

 

当然、パフォーマンスにおいても、これまでのコピートレードとは大きく違います▼

現役ヘッジファンドのコピートレード詳細を見てみる

完全ほったらかしで資産1億円を目指せる??

 

コピートレードとは、初めの設定え済ませてしまえば

後は何もする必要は有りません。

 

プロのトレーダーの実績が、そのまま参加者の口座に反映するので、

投資の知識が無くても堅実な資産運用が可能になります

 

 

つまり、

”再現性100%”

という事になります。

 

流石に資産1億まで増やしていくには

自己資金・相場の状況によって変ってきますが、

 

月利平均3~5%の実績をキープしているので、

仮に100万円の資金での参加であれば、

1年で150%の利益を得られる計算になります。

 

まぁ、どんなプロであっても(※ヘッジファンドであっても)、

必ずマイナス収支になる月は出てくるので、一概要には言えませんが、

 

そもそも投資のプロ集団というものは

長い月日を掛けてトータルのプラス運用を目指しいくものです。

 

さらに、お客の損失を最小に食い留めるのも

ヘッジファンドの重要な仕事なので、

長い目で見れば、安定した資産運用に繋がる可能性が高いでしょう。

 

そんな訳で実際にプログラムに参加してみました▼

 

FXプラチナファンドコピーというネーミングの通り、

非常にパフォーマンスも順調です。

 

コピートレードを受信する為の作業も至って簡単。

何よりも、日々のトレードの作業が軽減されるので、

精神的な負担も大幅に減ります。

 

”現役のヘッジファンドマネージャーに

トレードを代行して貰える”

というのは大きなメリットが有ります。

 

ちなみに、実際にトレードを行なうのが、

こちらの男性です▼

 

現在、シンガポールを拠点とし、投資活動を行ないながら

ヘッジファンドマネージャーに携わっています。

 

日本は資産運用に関して、あまり広く知られていないのが現実ですが、

お金の話をすると嫌悪感を抱く人すらいます。

しかし、そのような人は何時までたってもお金に縁が無い人達です。

お金を嫌う人に大金は転がり込んできません。

 

海外では資産運用を行なう事に積極的です。

特に、シンガポールと言えば、

今や、ニューヨークや、ロンドンに並ぶ投資先進国です。

 

シンガポールって東南アジアでしょ??

どうせ発展途上の国なんじやないの???

 

いえ、いえ、

それは大きな間違いです。

 

シンガポールはここ20数年で目覚ましい発展を遂げ、

今や世界中の富裕層に注目されている国です。

 

一昔前、シンガポールを「アジアニーズ」と呼ばれており、

当時でもシンガポールが一番発展していた国なのです。

 

シンガポールにも沢山のヘッジファンドが存在しますが、

実力の無いファンドは、投資家から相手にされなくなり、

資金繰りが困難になり、やがて潰れてしまいます。

 

しかし彼の場合、

7年間一度も負け越すことなく、

安定した利益を挙げています

 

GPIFだって毎年プラス収支では無いと聞きますから、

相当な実力の持ち主と言えるでしょう。

 

最も、「ヘッジファンド」と、個人トレーダーとでは

相場を見る目が全く異なるのと、

どんな相場からも絶対的な利益を追求していく投資のプロです。

 

参加してみる価値は有ると思います。

この先の運用パフォーマンスがどうなるのか

今から本当に期待しています。

さらに詳しいレポートはこちらをクリック