ブラストFXとは、「人工知能」が搭載された、話題の次世代最新FXシステム。

この「人工知能」を上手く使いこなして行くだけで、

自動で利益を獲得していくことが可能な画期的なシステムです

ブラストFXの詳細はこちら

 

ブラストFXで勝ち続ける為のトレードストラテジーとは?

 

ブラストFXに「SUPER平均足」追加して検証した記事でも書きましたが、

基本的に、ブラストFX(ブラックAIストラテジーFX)は、

ボラティリティーの高い相場の方が勝ち易いと言えます。

 

少なくともこれまでの私の検証ではそう感じます。

反対に、相場に勢いが有る場合は勝率が良く、

 

動きの鈍いレンジ相場では「サイン」が頻繁に出やすいので、

全てのサインに従っていては大変な事になります。

この世に完璧なシグナルなどは、存在しません(^^;

 

しかし、多少の工夫を凝らして行く事で、

シグナル本来の優位性を十分に引き上げて行く事は可能です。

ブラストFXも決して例外では有りません。

 

ここで、大事なことは

まずは基本のルールをしっかり守ること

です。

 

ブラストFXは、シグナルツールですが、

エントリーしたら「自動決済」という機能により、その場を離れていても、

指定の価格で勝手に約定してくれます。

 

また、相場は生き物ですから、

必ずしも自分の思惑の通りに動きとは限りません。

万が一の事を考慮し、損切りだけは必ず入れておきましょう!

損は浅く、利益は大きめに取るのがベストなのか?

 

損切りは、投資で勝ち続けるためには絶対に必要な事です。

損切りの第一の目安としては、直近におくのが良いでしょう。

 

正し、損切りとは、言いかえれば

”損しても良い金額”

という意味合いになり、この辺は自己資金ゆあ、人によって見方が異なります。

 

基本は直近に損切りを持って来るのが良いと思いますが、

エントリー枚数にも損失の許容範囲が異なって来ると思います。

 

毎回損切りを同じ幅に持って来る人もいますが、

相場に応じてレバレッジを調整しながら、

損切りの範囲も調整していきましょう。

 

例えば、同じ「-10pips」の損であっても、

10万通貨の取引と、100万通貨の取引とでは、

実質的金額は10倍もの差が生じてしまいます。

 

例え、1日10万円の損を出したとしても、

自己資金が1000万以上の人と、100万円の人とでは意味が違ってきます。

損切り幅は、自己資金に応じて考慮していきましょう。

 

利益幅を最大にする裏ワザテクニックとは?

 

為替は、一度一方にトレンドが発生すると、その方向に動き続ける習性が有ります。

大きなトレンドが出ている場合は、逆張りは禁物です。

 

最も、トレンドが発生している最中であっても、相場が一時的に失速することは良くあるので、

そう言ったタイミングであれば逆張りでも利益に繋げる事は可能です。

 

しかし、大きなトレンド発生中の「逆張りエントリー」は、

初心者の方にはやや難しいと思います。

初めのうちは、とにかくトレンドフォローを貫き、慣れてきたら試してみて下さい。

 

また、たとえトレンド相場であっても、いつかは必ず終息します。

この場合の「終息」とは、大きく反転することを意味します。

 

エントリー後、せっかく「含み益」を得たのであれば、

含み益を減らさない為にも、損切りの位置を有利な方向にずらしていきます。

こうすることで、最低限度の利益を確保することが出来ます。

 

常にAIに任せっぱなしではなく、

ご自身でも相場の流れをしっかり掴んでおく事が大切です。

ブラストFXの「AIストラテジー」は何処まで優秀なのか?

 

ブラストFXの最大の魅力はと言うと、

最新AIテクノロジーから生み出された「AIストラテジー」です。

 

ブラストFXの「AIストラテジー」とは、レンジか、トレンドかの2パターンです。

エントリーのタイミングに応じて、

決済モードを「レンジ決済」、もしくは、「トレンド決済」を選択していくことが出来ます。

 

これも、過去に検証した限りでは、

「トレンド決済」の決済を選択した方が無難と言えるでしょう。

 

「レンジ決済」でも使えなくは無いのですが、

この場合は、次の反対矢印サインでポジションが自動的にクローズされるので、

場合によっては、マイナスで終わるパターンも有ります。

 

基本は「トレンド決済」を選択した方が、

利益の取りこぼしが少なくなると思います(^^

 

いすれも、「2本のラインが同じ方向を向いた時」以外

エントリーを控えるようにします。

 

ブラストFXに搭載されている「AIストラテジー」とは、

上記のインジケーターの動きを元に御自動で発動されていきます。

 

相場に応じて、予め組み込まれたプログラムが発動する仕組みとなっていますが、

基本的にはトレンド相場の方が良いパフォーマンスを叩き出しています。

 

レンジ相場の場合は、ボックスレンジ、三角待合等

同じレンジ相場でも有る程度動きのあるレンジの方が

「レンジ決済」で利益に繋がり易いと言えます。

 

この辺は、私の「ブラストFX必勝レポート」にも詳しく書かれていますので、

こちらも是非参考にして下さいね☆

当サイトオリジナル特典

 

「特典レポート」が解禁となりました♪

※ココだけの完全オリジナルレポートです☆

是非この機会に特典付きで、ブラストFXをゲットして下さいね(^^

特典付きレビューはこちら

特典付きご購入はこちら