こんにちは♪YUMEです(^^)

今回から、新たなプロジェクトを立ち上げました

 

その名も

YUME式 FXビクトリーロード必勝講座

 

このプログラムは、

主に初心者を対象とした「FX必勝講座」になります。

プログラムは全部で5回~6回を予定しています。

 

初日の今日は、デイトレ・スキャルの基礎となる

相場の流れを的確に掴んでいく方法

についてお話していきたいと思います。

 

是非、今後の参考になれば幸いです☆

ちなみに、今後の予定路しては以下を予定しています▼

 

  • 【2日目】レンジかトレンドかの判断方法
  • 【3日目】「売り優勢相場」「買い優勢相場」の判断方法について
  • 【4日目】レンジブレイクの判断方法と、騙しを見破るには?
  • 【5日目】「マルチフレーム」の正しい判断方法について
  • 【6日目】プロ目線」のトレードを意識するためのポイントとは?

 

 

ちなみに、私がよく愛用しているロジックは、

ドラストFX」というシグナルになります

ドラゴン・ストラテジーFXの必勝トレードを公開します!

 

こちらはすでにレポート等でもご紹介しているので、ご存じかと思いますが、

この「ドラストFX」は、売買のタイミングをサインで知る事が出来るので

初心者の方にもおすすめのツールです。

※年間8000pipsの実力を誇るシグナルになります

年間8000pipsの実勢を誇るシグナルの詳細はこちら

 

良かったら是非ことらも見ておいて下さいね☆

それでは、早速行ってみましょう(^^)

相場の流れを的確に掴んでいくには?

 

FXで継続して利益を得て行くためには、

相場の方向を掴む事が非常に大切です。

 

なぜならば、FXは、エントリー~決済までの「差収益」で利益を得て行くので、

トレドの流れを掴む事が利食いのカギとなります。

 

少し面倒かもしれませんが、

エントリー前に、必ず相場の流れをある程度掴んだ上で

「売り注文」か、「買い注文」かを判断していきます。

 

決して、その場の感情だけで売買を判断するのではなく、

過去の相場の流れから、

現在のトレンドの流れをしっかりと把握していく事が重要です。

ダウントレンドと上昇トレンドの違いについて

ダウントレンド

 

一般的に言われる「下落トレンド」の事です。

下落トレンドの場合、価格が一気に下がる事が多く、「ベアトレンド」とも呼ばれています。

 

「高い所で売って、安値で買い戻す」

これが下落トレンドで利益を得る為の鉄則になります。

 

上昇トレンド

 

続に言う、「アップトレンド」の事ですね。相場が「右肩上がり」のが

上昇トレンドの大きな特徴になります。

一般的に、株式の「現物取引」などでは、常に買い狙いとなります。

 

「安い所で買って、高値で売る」

これが買い油性相場の大きな特徴になります。

 

チャートを開いて見て、

トレンドが「上がっているか」か、「下がっている」かをまず見て行きます。

 

この作業は、デイトレードやスキャルピングの基本でもあるので、

是非しっかり行いましょう!

たった「数本のライン」を引くだけで相場の方向が掴めるようになる!

はい、こちらは先程ご紹介した「ドラストFX」の1時間足チャートです▼

 

この状態ですと、一見ダウントレンドに見えますね。

しかし、この先も下落するのでしょうか?

 

ここまで下がると

「未だ下がりそう??。。」

。。。と考えてしまいますよね?

 

しかし、こちらをご覧下さい

 

ここでは、3本のトレンドラインを引いてみました。

方向的には「下落トレンド」ですが、

ラインで反発している事が確認できます。

 

1時間足なので、そこそこ信頼度も高いので、

この場合は、売り注文を入れるのを一旦様子を見る事にします。

 

下手すると、大きく反転する可能性も考えられます。

 

もう一度「ディフォルトの状態」と、「ライン追加御」のチャートを比較してみましょう▼

 

【ライン追加御のチャート】

 

全体的には下落トレンドですが、

ラインを目安に価格が何度か上下している事が区別できますね。

 

この様に、

たった数本のトレンドラインを引くだけで、

相場の流れが掴みやすくなります。

 

この場合、売り注文を入れるのであれば、

「戻し」を狙う方が効果的かと思います。

 

このお話は又、改めてお話したいと思います(^^)

本日はこの辺で。

 

有難うございました♪

 

※「ドラストFX」はこちらからご覧いただけます。▼

ドラストFXの公式ページはこちら

 

 

※既にお持ちの方は、ブラストFXがおすすめです▼

Black AI・ストラテジーFX(ブラストFX)検証&評価

ブラストFXの詳細を見てみる