トレードビュー(Tradeview)は、英国ケイマン諸島に金融ライセンスを保有する

海外ブローカーの中でも信頼度の高い優良ブローカーと言えるでしょう。

 

信託保全3億ドルを管理している安全なブローカーです
具体的には「ウェルズ・ファーゴ銀行」にて顧客口座資金の分別しており、

運営歴の10年以上の中堅ブローカーになります

 

とにかく、スプレッドが狭い!

 

FXの海外口座は、国内口座に比べ「スプレッドが広い」というのが一般的な認識ですが、

トレードビュー(Tradeview)は、とにかくスプレッドが狭いので有名です。

口コミで専業トレーダーの間でも評判が高いのも、このスプレットの狭さに有ります。

 

ドル円・ユーロドルなら、最小0.0pips~と、

海外ブローカーの中でも一番のスプレットの狭さを誇る業者です。

スプレットの狭さでは、トレードビュー(Tradeview)がナンバーワン認識しています。

海外ブローカーでここまでスプレットが狭い業者は稀です。

 

その為、知る人ぞ知る優良ブローカーとも言われている業者です。

ネットでトレードビューを検索しても殆ど詳しい情報が載っていません。

「金融ライセンス」においても、世界最高レベル

 

トレードビュー(Tradeview)は、ケイマン諸島金融庁(CIMA)の金融ライセンスを保有。

金融ライセンスの信頼度は、期間ごとに異なり、

(CIMA)は、英国領ケイマン諸島での最高金融監督機関であり、

世界ランク5位に匹敵する厳しい金融機関です。

 

つまり、何か問題が生じれば金融ライセンス剥奪となるので

その点でもトレードビューは安全性の高いFX海外口座と言えます。

信託保全に関して

「信託保全」とは、顧客の資金を別管理する制度の事。

万が一、業者が破綻した場合においても、顧客の資金を別管理されている事で

最低限の資金が保障される事になります。

 

トレードビューは、3億5千ドルもの資金の信託保全を完備しているので

安全ですね。

3っの口座タイプから自由に選択可能

◆口座種別

最小ロット 初回入金最低資金 レバレッジ
バイキング口座 0.01lot(1,000通貨) 10万円 400倍
MT4スタンダード口座 0.01lot(1,000通貨) 1万円~ 500倍
MT4 ILC口座 0.1lot(1万通貨) 10万円 200倍
cTrader口座 0.01lot(1,000通貨) 10万円 400倍

 

◆取引手数料

口座維持手数料 取引手数料 ドル円平均スプレッド
バイキング口座 なし 片道3.0米ドル/lot 0.2pips
MT4スタンダード口座 なし なし 1.8pips
MT4 ILC口座 なし 片道2.5米ドル/lot 0.2pips
cTrader口座 なし 片道2.5米ドル/lot 0.2pips

 

◆取引種別

取引種別 価格の透明性 備考
バイキング口座 ECN 高い 上級者向け
MT4スタンダード口座 STP 初心者向け
MT4 ILC口座 ECN 高い 中級者向け
cTrader口座 ECN 高い スキャル中級者向け

 

この様に、 トレードビュー(Tradeview)では、

メタトレーダー4、Cトレーダー、バイキング口座

3つの口座タイプが用意されています。

 

メタトレーダータイプも、「スタンダード」「ICL」の2つのパターンに分かれていれ、

初めて口座を開設するなら「スタンダード」でも十分かと思います。

トレードビューのHPはこちら

口座開設ページはこちら

 

取引プラットフォームにおついて

 

上記で説明した通り、「メタトレーダー4」「CTrader」「CurreneX」の3タイプが用意されています。

「CTrader」とは、ここ最近注目を浴びている取引ツールであり、

メタトレーダーよりも機能面において非常に優れています。

 

「CTrader」は、スプレッドが非常に狭いのでスキャルピング向けですね。

基本的に市販のサインツール当が使えないので、

中級者向けの口座です。

 

トレードビューで一番シェア率が高いのが「メタトレーダー4」でしょうね。

市販のソフトも使えますし、自働売買取引などに向いています。

「CurreneX」は、日本人には未だメジャーでは有りませんが、こちらはCFD向けなので

今後注目されていくかも知れません。

公式ページはこちら
※MT4スタンダード口座開設希望の方はこちらからお申込みが可能です▼
口座開設はこちら