為替というものは、様々な通貨ペアや、他の金融商品などが互いに影響しながら動いています。

この為、その日のトレンドの方向を探る為には、

世界の基軸通貨である「ドル」の大よその値動きを把握する事が重要。

 

私のブログの読者の中には、エントリーしても直ぐに相場が逆行したり、

コツコツドカンと負けてしまったりと、様々な相談を受けます。

 

この様な失敗を防ぐためには、

その日どの通貨が買われている・売れれているかという

通貨の強弱」を予め把握する事で、勝率がアップします。

 

今回は

ドル売り・ドル買いの見分け方

にテーマを絞りながら、管理人の実践を元に解説していきたいと思います。

「ドル」は特にシェア率が極めて高い!

 

世界の基軸通貨である「ドル」の動きは、世界中のトレーダーが注目しています。

この為、ドル円やユーロドルは全体的にも取引量が多く、

ドル円の行方を把握する事が、為替で勝ち続ける為の重要なカギを握っています。

 

 

ドルの次にシェア率が高いのが「ユーロ」で、次に「ポンド」となります。

米ドルが43%に対して、ポンドのシェア率は全体の8%と非常に低く、

ポンド系の通貨ペアの値動きが荒いのもこの為です。

 

一方、ドルは全体のおよそ半数を占めるので、

安定した値動きになり易いと言われています。

ドル買い・ドル売りの特徴

 

上・・・ドル円1時間足

下・・・ユーロドルチャート

 

私の場合、まずはドル円とユーロドルの動きを確認しながら

その日のトレンドの方向を探る様にしています。

 

ドル円とユーロドルは、「逆相関関係」に有るので

互いに反対の動きになり易い。

また、同じ「ドルストレート」である、「ポンドドル」とドル円でも同じ事が言えます。

 

これらの通貨が対照的な動きをしている事で、

トレンドが発生していると判断出来るので、

上手くタイミングを計る事で利食いに繋がり易くなるのです。

シグナルツールを使った「ドル売り・ドル買い」の判断方法

 

例えば、ドラゴンストラテジーFXなどはトレンドフォローロジックです。

2つのサインの方向の一致した時」がエントリーチャンス▼

 

このような場合、同じく「ユーロドル」などでも同じ方向のサインが出ていれば、

ドル売り、もしくはドル買いの可能性が高くなります。

※ドラゴンストラテジーFXのレビュー記事はこちら▼

ドラゴン・ストラテジーFXの必勝トレードを公開します!

 

ドル買い・ドル売りは、ドル円だけで判断するのは難しいので、

「ユーロドル」などの、逆相関関係に有る通過ペアと比較する事が重要です。

 

ドラゴンストラテジーFXの公式ページはこちら

 

なぜ「相関関係」「通貨の強弱」が重要なのか?

 

大半のFX商材の初心者向けのマニュアルは、

サイン=エントリーチャンスというシンプルなものが大半です。

 

しかし、多くのFX商材が出回る中、しっかり使いこなしているユーザーはほんのわずかであり、

毎月安定したパフォーマンスを叩き出している人も全体の数パーセントに過ぎないでしょう。

 

言ってみれば

”日本の投資教育は、他の先進国に比べ遅れている”

という事ですね。

 

相場の世界は非常です。知識や技術、資金の無い人が参戦しても、

長く生き残れる確率は極めて低いと言えるでしょう。

 

また、

”ドル円の動きだけを見ていても、勝ち続けるのは難しい”

のは、ドル円単品で動いている訳では無いからです。

 

逆を言えば、

ドル円の「逆相関」である「ユーロドル」が、

大きく反対方向に動いている場合は、トレンドが発生している可能性が高いのです。

 

こうした相関関係に関した情報商材が乏しいのも、

FX商材だけでは勝てない理由の1つだと言えると思います。

 

正し、私のように「ほんの少しの工夫」で、

ドラゴンストラテジーFXのようなツールを上手く使いこなしていく事に繋がり、

ツール本来のロジックを引き上げる事に繋がるのです。

 

こうして「複数の通貨」を比較すれば、

ドル買い・ドル売りを簡単に区別出来ます▼

 

この他、ユーロ円とドル円などの「相関関係」に有る動きを比較したり、

AUD/USDの様な、ユーロドルと逆相関関係に有る通貨ペアと

ドル円の動きを見比べる事でも、ドル売り・ドル買いを簡単に判断する事が可能です。

使用する時間足は?

スキャルピングの場合、1分足や、5分足が主流になりますが、

余りローソク足のスパンが短すぎると、相場のノイズに振り回されてしまうので、

15分足以上の時間足を見比べた方が判断しやすいと思います。

 

この他、トレンドラインや、レジ・サポートラインを引いたり、

トレンドの方向を探る為の手法は沢山有ります。

まとめ

 

ここまでの内容をまとめるとこんな内容になります▼

    • 「ドル」は世界の基軸通貨である事
    • 「逆相関関係」のある通貨ペアを比較すると区別しやすい
    • 「ドル買い」なら「ドル円上昇」「ユーロドル」はその反対

 

大体こんあ感じですね。

「通貨が上がる」というのは、それだけその通貨が大きく評価されているという意味になります。

反対に、「通貨が下がる」というのは通貨の評価自体が下がる事を意味します。

 

”ドル買いとドル売りの違い”

この事だけでも抑えておけば、

今後のトレードが一層楽しくなることでしょう。

検証済み!お勧めの商材

Black AI・ストラテジーFX(ブラストFX)

 

とにかくチャンスが豊富!!5分足でサクッと勝ち逃げを狙える。

トレンド相場・レンジ相場両方に使える

レビュー

手法ノウハウ系の商材

スマホ1つでラクラクトレードが可能

3ステップ”のシンプルなトレード手法で、平均月利15.7%の数字を記録

元機関投資家である、藤田昌宏さんの手法が再販スタート。
スマホタップ&ほったらかしでも、雪だるま式に利益が増えていく?

スマホ1つでザクザク利益を生み出していけるロジック

レビュー