FXのトレード戦略で大切なのは、

売買ゾーンをしっかり判断していく事ですね。

 

そこで今回は、ふとネットサーフィンしていてで見つけた

「Dolly Forex System Modified」というシグナルソフトをご紹介します。

 

このインジケーターは、

恐らく、海外のプログラマー?によって作られたもので、

無料なのにかなりクオリティーが高めです▼

 

トレードメソッドは、「逆張り」ですね。

押し目や、戻りを狙う感じになります。

ダウンロードサイト

 

しかもエントリーサインも表示されますので、

売買の判断材料にもなりますね(^^)

 

デイトレード向けのシグナルと思われますので、

15分足以上で使用するのが良いと思います。

 

ちなみに、この「Dolly Forex System Modified」という無料のインジケーターは、

売買ゾーンを、「赤」と「青」で示してくれます▼

 

赤・・・売り優勢ゾーン

青・・・買い優勢ゾーン

 

売買ゾーンをクリアにしてくれるインジケーターと言えば、

「モンスタートレンドゾーンFX」が最近リリースされましたね。

モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX)を検証してみる!

 

こちらは、本日ご紹介のツールよりも、売買ゾーンがクリアなので

初心者の方はこちらがおすすめです

モントレFXの詳細はこちら

 

さて、「Dolly Forex System Modified」ですが、

良く、チャートを拝見してみると、色んな機能が実装されています。

インジケーターの特徴について

各オープン時間を自動表示

 

Europ Open・・・ヨーロッパ開始時刻

London Open・・・ロンドン開始時刻

US Open・・・NY開始時刻

Europe Crose・・・ヨーロッパ市場終値

 

。。。とまぁこんな感じで、

各セクションの時間帯を、自動で縦ラインが引かれます。

 

終値よりも、開始値が意識され易いことは確かなので、

この機能は非常に便利ですね(^^)

マルチタイムフレーム機能実装

 

ちょっとゴチャゴチャして読みずらいのですが、

チャートフッターに他の時間足の状態が表示されます。

 

:TREND/DN=ダウントレンド

:TREND/UP=アップトレンド

SIDEWAY=レンジ

 

例えば、15分足で使っていたとしても、

他の時間足の状態も1つのチャートで確認することが出来るので、

とても便利☆

 

ただ、難点は「英語表示」って事かな?

それ以外は全く問題無いと思います。

 

所詮、インジケーターなので、

英語が苦手な方であっても平気かと思います。

とりあえず、主要通貨ペアで使ってみた!

とりあえずは、「ドル円」「ユーロドル」「ポンドドル」で使ってみました▼

 

こうして3通貨ペアを並べると綺麗ですね☆

ただ、長時間見ていると目が疲れて来るかも(^^;

 

私は別途で「PIVOT」を入れて使っていますが、

工夫次第で色んな使い方が出来そうですね。

 

ただ、レンジではダマシが多いのがネックですね▼

 

この辺は、他の通貨ペアの相関関係を確認したり、

トレンドライン等を引く事で、有る程度のダマシを見抜く事が可能になります。

 

海外には、この他にもEAなども配布しているサイトも有るので、

私自身も本当に驚きです。

興味が有ったら是非チェックしてみて下さいね(^-^)

 

ありがとうございました。

今日はこの辺で☆

 

追記:本日ご紹介のインジは、

こちらの手法を組み合わせると効果的です▼

検証済み!おすすめのロジック

プーさん式トレード講座 光~

ぷーさん式 トレード講座 光~ひかり~の手法をさらに検証!

 

相場の心理を「チャートの波形」のみで判断しながら

ブレイクポイントを探っていく手法。

その手法は極めてシンプルであり、あらゆる相場に有効なロジックです

 

 

 

 

 

▼管理人への質問はこちら▼

お問い合せ

※返信には最大2日営業日頂く場合も有ります。(※土日・祝祭日を除く)