本日検証のシグナルはこちらをクリック

 

昨日の3月9日には「米雇用統計」の発表がありましたね。

今回は31万3000人の増加と市場の予想を大きく上回り、
ドル円は一時的に、107.040を試す展開に。

発表直後のドル円は良い感じで上方向に伸びていましたね(^^

 

まぁ、いつもの事ですが、

発表の正確な内容なんて聞いていません。

早口の英語で、聞き取るのが困難だからです。

 

それよりも、チャートの動きを注意深く観察した方がベターだと思います。

当然ながら、発表直後は動きが定まらない事も多いので、

今回も、有る程度方向が出てからのエントリーになります。

 

こうした「雇用統計」のような荒れ相場は、

基本エントリーしないのが普通なので、

当初は「傍観」を考えてはいたのですが、

 

エキサイティングな相場を見ると、

ついエントリーしたくなるのは私だえkでしょうか(^^;

 

そんな訳で今回も「雇用統計」に参加してしまいました☆

もちろん、発表直後にはエントリーしていませんのであしからず。

ドル円は「買い」の圧力が高まった

 

今回の発表で、ドル円は一時的に「107.40」まで急騰。

予想より大幅に数値が上回った事が、ポジティブ的な動きになったのでしょうね。

初めは下げていましたが、直ぐに急騰しました。

 

一方、ドル絡みである「ポンドドル」「ユーロドル」は下落。

ユーロドルは「1.22730」、ポンドドルは「1.38115」まで下げました。

しかし、これも初めは上昇していたんですよね(^^;

 

1回目のエントリーは見事に騙され、

ユーロドルロングで入り失敗(><)

ここで既に-22pipsと、やや痛い損失を抱えてしまいました。。

 

しかし、気を取り直して再びトレードに挑戦。

2回目と、3回目のエントリーで

良い感じで利益に繋げていきました

 

それがこちらのトレード画像になります

雇用統計トレード結果(ユーロドル&ポンドドル)

ユーロドル・・・-7pips

1戦目・・・ロングエントリー -22pips

2戦目・・・ロングエントリー +15pips

 

ポンドドル・・・+22pips

 

ポンドドルに関しては1回のみのエントリー。

実際にエントリーしたのは、発表から30分後くらいになります。

ポンドドルのポジションクローズと共にこの日のトレードは終了。

 

最終的に全てのトレードを終えたのが夜中の12時頃。

ストップロスは、両通貨ペア共に直近を意識しました。

  • ユーロドル・・・-7pips
  • ポンドドル・・・+22pips
  • 合計・・・+15pips

 

という結果で終わりました(^^)

1.0ロットでのエントリーなので+15000円の利益です♪

 

まぁ、初めのユーロドルのマイナスが痛いですが、

それでも後半戦で取り戻す事が出来たのと、

 

ユーロドルのマイナス分を、ポンドドルで補う事が出来たので、

自分にとってはラッキーでしたね☆

今回の雇用統計トレードのダイレクトな感想

 

雇用統計って、毎回異なる動きをするんですよね~(^^;

特に今回は、ドル円は一時的に急落し、その後大きく反転したりと。。。

かなり動きが読みにくかったと感じました。

 

ここに載せているのは、過去の相場であり、しかも「静止画像」なので、

雇用統計のボラティリティーを正確に伝わらないかと思いますが、

 

実際の発表時のチャートの動きは

非常にエキサイティングな動きであったと思います。

 

いつもは「ドル円」でエントリーするのですが、

ドル円のボラティリティーがユーロドルよりも鈍く感じたのと、

ポン円・ユーロ円は底固い動きだったので、

ユーロドル&ポンドドルをメインにトレードしました。

 

今回、最終的に利益に繋げることが出来たのも、

選択した通貨ペアが良かったのかも知れません。

「雇用統計」時の「ブラストFX」シグナルサインの信頼度について

 

発表後、方向が決まった頃であれば、

↑ドル円では良い感じで「売りサイン」が出ていますね。

 

正し、発表直後は瞬間的な動きが強い為、

サインが出ても信用してはいけません。

 

もちろん、他の指標なら信頼度の高いサインを出す場合もありますが、

雇用統計などの重要な指標の場合、

発表直後にサインを確認エントリーは無理でしょう。

 

つまり、

指標トレードでサインはあまり使えない

と言う事です。

 

仮にブラストFXのシグナルを参考にするのであれば、

相場が落ち着いた(※30分後くらい)ほうが、

割と信頼度の高いサインが出る傾向にあります。

とは言え、ちゃんと使いこなせば「強力なアイテム」になる!

 

確かに、雇用統計などの相場ではサインを信用してはいけませんが、

通常の相場であれば、有効なサインを確認出来ます。

 

この

”有効なサイン”

とは、

 

エントリーすれば利益に繋がり易いパターンを指します。

ブラストFXでしっかりと利益に繋げていくには、

やはり、ロジックをしっかりと理解する事が大切です。

 

初めのうちは、

エントリーしても満足な結果を得られない場合も有るかと思いますが、

この変は使っているうちに慣れて来ると思います。

 

基本的にブラストは「逆張り」になりますので、

トレンドの底・天井を狙っていと効率が良いと思います。

 

今ならこちらの特典も無料でゲット出来ます

利益積み増しテクニック!

 

特典の内容は、相場がどんな時間帯に、どんなタイミングで動くのか?

など、FXトレードにおいて非常に為になる内容になります。

※この特典は期間限定配布になります。

 

こうした特典を活用していくことも、少しでも損を押さえることに繋がります。

未だブラストFXをお持ちで無い方は、

是非この機会にご覧になってみて下さいね▼

公式ページを見てみる

 

 

慣れてきたら私のように複数の通貨ペアでのトレードにも挑戦してみて下さい。

その方が投資の視野が広がり、

さらに効率の良いタイミングでエントリーが可能になります(^^)