管理人は今年で6年近くFXトレードを継続しています。

最も、初めの2年目くらい迄は、デモトレードとリアルを並行したトレードが中心でしたね。

 

3年目に突入した頃に、有る程度のFXのノウハウを覚え、

そこそこの成績を叩き出せるようになりました。

 

しかし、今でもポジションを持った時は緊張します。

FXは、前回のトレードで勝てたとしても、

次のトレードで勝てる保証など一切有りません。

 

勝ち続ける為には、

”トレンドが強く出たタイミングにエントリーする”

が勝負であると私は思います。

 

ドル円を初め、色んな通貨ペアが有りますが、

私は、カナダドル、オージードルといった通貨ペアは使いません。

ポンド円・ユーロ円、ポンドドルなどが中心です。

 

中でも、

トレンドの持続性の高い「ポンド円」は、

クロス円の中でも稼ぎやすい通貨ペアと言えるでしょう。

 

ちなみに、今回は「ブラストFX」を使った解説になります

※ブラストFXのレビューはこちら▼

Black AI・ストラテジーFX(ブラストFX)検証&評価

 

ブラストFXは、逆張り・順張り両方のロジックを有していますので

様々な相場で活用出来るトレードソフトと言えます。

ブラストFXの詳細はこちら

通貨ペアの選択の決め手となったものとは?

 

私が主に取引するのは、ポンド円、ユーロドル、ポンドドル、ユーロ円

この他、場合によってはドル円を遣います。

 

ここでトレードで一番重要視するのは

”通貨の強弱”

です。

 

通貨取引に着目するノウハウとしては、「トレンドディスカバリーFX」が有名ですね

【検証】トレンド・ディスカバリーFX(関野 典良)

 

通貨の強弱とは、

その日、どの通貨が一番買われている(売られている)のかという事で有り、

利益を確保する上でも重要だと考えています。

 

以前は、テクニカル・ファンダメンタルズ重視のトレードでしたが、

それだけではエントリーポイントがイマイチ定まらなかったので、

「通貨の強弱」もトレードの視野に入れる事にしました。

 

その結果、

相場の視野が広がり、勝ちトレードに繋がり易くなりました。

 

この日は、とりわけユーロ&ポンドが買われていたので、

ポンド円を選択しました

トレンドの押し目・戻り狙いでエントリー

ポンド円・・トータル+54pips

 

合計4回のエントリーになります。

途中の-64pipsがかなり痛いのですが、

 

幸運にも、昨晩のニューヨークタイム中盤頃から上昇トレンドが発生し、

買いエントリーを仕掛けておく事に。

朝起きたら+39pips程獲得出来ていました。

 

おかげ様で、今月のトレードアイランドの成績も好調

 

トレードアイランドとは、私が使用しているクリック証券のランキング。

リアル口座を持てば誰もが参加出来るランキングです。

 

このランキングはガチのランキングになりますので、

参加者の実力が問われます。

 

今月はトレンドが出ているせいか利益に繋がるトレードが多く

おかげで非常に好成績です。

 

ただ、国内業者のレバレッジは最大25%というのは

先進国として余りにも他国に遅れを取っているのでは?

。。。と感じずにいられません。

 

レバレッジが高かろうが何だろうが、

結局は自己責任なんですから、

レバレッジを下げる行為が、投資家の保全に繋がるかと言えば

むしろ全くその逆と言えるでしょう。

 

レバ25倍では、10万通貨建てるのがやっとであって、

仮に5万通貨でも、ポンド円なら30万の資金が必要。

レバ10倍規制が決定したら、国内業者は一切解約するつもりです。

ポンド円は「クロス円」の中で最も稼ぎやすい通貨ペア

 

ポンド円がなぜ稼ぎやすい通貨と言えるのか?

その理由は、

  • ボラティリティーが高い
  • ドル円とポンドドルの両方の影響を受け易い
  • トレンドの持続性が高い

 

という、ポンド円ならではの独特の性質が絡んでいると思います。

正し、逆を言えば、損する時も大きいので、

「ハイリスク・ハイリターン」である通貨ペアとも言えるのです。

ポンド円の攻めのコツとは?

 

ポンド円に限らず、

トレンドの天井や底には様々な仕掛けが施されているので、

その仕掛けによってレートが逆行しやすくなります。

 

基本的には、

”天井・底では順張りエントリーを控える事”

が、ポンド円で失敗しないコツです。

 

特にポンド円は、

天井から下落する勢いが強い傾向に有るので、

出来れば天井での買いエントリーは避けたい所です。

 

逆にこうした天井で売りを仕掛けていけば、

大きな利益に繋がり易くなるのです。

これがポンド円の特徴の1つだと考えています。

 

尚、天井・底から逆張りエントリーするには、

いかにトレンドが転換するタイミングを狙えるかが勝負。

逆張りである「ブラストFX」が最もしていると思います

無料プレゼント情報

▼今ならこちらの特典も無料で貰えます▼

【無料特典】新兵器FX~億万長者プロジェクト

 

特典の詳細はこちら

 

 

 

未だブラストをお持ちでない方は

是非この機会に特典付きでゲットしてみて下さいね(^^)

ありがとうございました。

ブラストFX関連記事

FOMC(3月22日)リアルトレード実践報告!~GBPJPYで勝負!

 

ブラストFX 雇用統計トレード~ユーロドル&ポンドドル

 

【特集】週初めに押さえておくべき「重要なライン」とは?

 

【特集】ドル買い ・ドル売りのエントリータイミングは?