相場には様々な「仕掛け」が施されているのをご存知ですか?

日本の株式相場と違い、為替は動きが複雑になる場合が多く、時に厄介な問題を生じる場面もあります。

およそ95%が負け組と言うのもこうした理由が有るからだと思います。

 

こうした相場の裏事情を知らずして、

残り5%の勝ち組の仲間入りを果たすのはまず難しいと思います。

 

では一体誰が裏で為替を操作しているのでしょうか?

言うまでも無く、ヘッジファンドと呼ばれる巨大な投資プロ集団に過ぎません。

彼らに逆らう事は「相場退場・破産」を余儀なくされるものと考えてもおかしくないと思います。

ヘッジファンドとは?

 

ヘッジファンドとは、個人投資などから資金を募り莫大な資金を運用している投資のプロ集団

彼らの存在を無視して個人トレーダーが勝ち続ける事はまず不可能です。

それだけ資金力が高く、相場に大きな影響を与えると考えられているからです。

 

ヘッジファンドの基本的な考え方は「絶対的利益の追求」

つまり、どんな局面においても利益をとことん追求し続けるのが彼らの基本戦略です。

個人トレーダーの資金を奪っていくくのが彼らの主な仕事と言っても過言では有りません。

 

彼らは、個人投資家の資金を奪って行く為に「仕掛け」を相場に仕掛けていきます。

(※殆どがAIなどのシスト

レを駆使したものが多いそうです。)

これが時折「ダマシ」となって相場に現れる場合があります。

 

この「ダマシ」は偽物の動きであって、

「」のみを拾っていくのがこちらの「1分スキャル・レジェンドセオリー」です▼

 

1分スキャル・レジェンドセオリーの検証&評価

 

良く、一生懸命ボリンジャーバンドの収束率が98%だとか、

どうでも良いロジックにこだわり続けている人がいますが、

仮にボリンジャーバンド内にローソク足が収まったとしても、一時的である場合も有る訳で、

そこからトレンドがどれだけ転換していくかを判断するには、

ボリンジャーバンドだけでは難しいと思います。

どの様にしてヘッジファンドの動きを判断すれば良いのか?

 

トレンドの転換を判断していくには、

やはりローソク足の形から判断していくのが妥当かも知れません。

つまり、プライスアクションですね。

FX King Strategy~FXはプライスアクションで勝つ!

 

強いて言えば「プライスアクション」+「ライントレード」でしょうか?

これに勝る手法は無いと私は考えています。

FXはプライスアクションでシンプルに勝つ!!

 

ローソク足にはその場の「市場心理」が巧みに刻み込まれていきます。

こうした市場心理をいかに早く知る事で、無駄なエントリー回避にも繋がります。

ヘッジファンドに逆らう事は「口座破産」を意味する?

 

ヘッジファンドの存在は個人トレーダーにとっては最大の敵と捉えても可笑しくはありません。

なぜならば、彼らは個人投資家の資金を奪い続けるのが仕事みたいなものですから。

 

その代表的な例が「ストップ狩り」ですね。

株式市場にはありませんが、為替の世界ではこのヘッジファンドによる「ストップ狩り」が良く見受けられます。

(※悪質なFX業者のよるストップ狩りとは別の話です。)

個人投資家の注文を彼らの利益に変えていくのです。

 

例えば、ドル円のレートが上がれば個人投資家達は買い注文に殺到します。

しかし、ここでヘッジファンド達が「大量の売り注文」を仕掛ける事で個人投資家の利益を奪っていくます。

 

 

価格がいぅt気に下落していく局面をよく見かけませんか?

こうした動きはヘッジファンドによる大量の売り注文が原因の1っと考えられます。

これがいわゆる「ストップ狩り」ですね。

 

こうしたヘッジファンドの「仕掛け」を避ける為には、

やはり、注意深くローソク足の形を意識しながら売買を判断していく事が妥当と思われます。

 

最も代表的な例としては「グローバルドリームFX」ですね。

Global Dream FXが遂に解禁に??

 

この手法は2本のローソク足の形を見るだけ。。。というシンプルな手法▼

 

厳密に言えば、2本目以降のローソク足も見ておくべきなのですが、

100年以上前から使われている王道的なロジックがベースとなっています。

2本のローソク足の形を見るだけ!グローバルドリームFX

 

ローソク足の形からトレンドの方向性を判断していく、

プライスアクショントレードは、

時間足・通貨ペアの縛りが一切無いの大きな特徴です。

 

基本的なトレンドの捉え方も非常にシンプルなので、

初心者の方でもスムーズに理解しやすい手法だと思います。

 

正し、いくらロジックがシンプルだからとは言え、

まともな利益に繫げていくにはそれなりの練習期間は覚悟しなければなりません。

「毎日が給料日!!」

「1日1回チャートをチェックするだけで月利90%の手法」

。。。。などの誇大的な表現を売り物にしている商材が有りますが、

それ程甘い世界では有りません。

 

悪質な商材販売者こそ「ヘッジファンド」みたいなものかも知れません

いかに多くのトレード経験を重ねていくことが大切だと思います。

つまり経験が物を言う世界です。

多くのトレード経験の積み重ねが、多くの勝ちトレードに繫げていく為のカギになると思います。