公式ページはこちら

 

このブログでの私のリアルトレードは「Black AI ストラテジーFX(ブラストFX)」がメイン。

私はブラストFXを毎日トレードチャートとして使用していいます。

 

Black AI ストラテジーFXのサインは逆張り。

サブインジケーターである「AI Analyze」との動きを確認しながら売買を判断していきます。

こちらがAI Analyze▼

 

私は1時間足でブラストFXを使っているので、

余り上記の様な複雑な動きにはならないのですが、

このインジケーターを元にトレンドの方向を判断していけるので、

非常に便利な機能ですね。

 

今月のレア特典

▼今だけ無料で貰えます▼

プロトレーダーを目指せる衝撃テクニックとは?

本日はユーロ円ショートでエントリーを判断!

EURJPY(1時間足)

 

今回の私のトレードポジションはショート。

理由はやや強めの「天井」を確認出来た為。

 

売りの場合、やはり出来るだけ天井から狙うのがコツ。

しかも、1時間足なので同じ「天井」でも5分足に比べ信頼度もUPします。

本気でFXで出来るだけ多くの勝ちトレードを狙いたいのであれば、

やはりこうした「天井」は意識しておいて損は無いと思います。

 

天井=レジスタンスライン

。。。になります。

ターゲットの判断方法について

各種「抵抗」をターゲットと判断

 

チャートに「トレンドライン」と「サポートライン」を追加。

サポートラインは「下」に行く程、強力なサポートと判断され易くなります。

 

ですので、下がり過ぎたトレンドで「売り」を入れるのは要注意。

特に長い時間足(1時間足以上)であれば、

ローソク足の信頼度もそこそこ高めなので、

サポートライン付近での売りエントリはーは、その場の様子を注意深く見るようにしています。

 

今回の場合は「天井付近からの売りエントリー」になりますので、

ターゲット到達率もそこそこ高めかなと見込んでいます。

 

因みにSL(損切)は直近高値よりやや上の価格を指定。

こうする事で、損切貧乏にひっかかりにくくなる為です。

ブラストFX 1時間足の信頼度は高め

 

ブラストFXは「逆張りサイン」

トレンド相場には弱くなりますが、

だとしても、トレンドの「節目」を狙う事で利益に繋がり易く成ります。

 

正し、ブラストFXの推奨時間足は5分足、

これだと相場のノイズによって「ダマシ」も多くなるので要注意。

 

こちらが同タイミングのユーロ円5分足

 

若干、買い勢いが強いためか、

売りサインのダマシサインが多く確認出来ますね。

 

では1時間足ではどうでしょうか?

5分足よりも大幅に信頼度がUPします

 

※そもそも、5分足だけで相場全体の動きを掴むのは難しいので、

必ず他通貨ペアの動きと、他の時間足の動きも見ておく事をお勧めします。

 

逆張りサインに限らず、

時間足のスパンが長くなるほど、それだけ信頼度も高くなるので、

出来ればブラストも5分足以上で使用する事が望ましいと思います。

 

でも、、、

エントリーチャンスが少なくなるのでは?

 

はっきり言って、5分足で実践しようが、

1時間足で実践しようが、利益の見込みはそれ程大差はありません。

 

むしろ、無駄なノイズに振り回される可能性が低くなるので、

1時間足等で実践した方が「着実」を狙えると思います。

 

エントリーチャンスが少ない=損する確率も減る

。。と捉えれば良いと思います。

 

投資は勝つことも重要ですが、

負けをいかに小さく抑えていく事のほうが重要なのです。

いかに勝率の高いタイミングでエントリー出来るがが勝負なのです。

 

今回のこちらの特典も今後のブラスト実践に役立つかもしれません。

今月のレア特典

▼今だけ無料で貰えます▼

プロトレーダーを目指せる衝撃テクニックとは?

※特典は期間限定の公開となります。

ご購入検討の方は、お早目にお申込みされる事をお勧めします

今回のリアルトレードの感想

今回はユーロ円のみの売りエントリーです。

ポジションを持った時間帯は東京時間になります。

 

因みに、この記事を書いている間に良い感じで下げてきました

 

因みに、こちらがエントリー開始時の様子▼

 

丁度、下落が開始し始めたタイミングですね。

この後、相場はやや上向き加減に一時的に転身しましたが、

天井付近で押し戻される展開に。

 

天井・底付近にはかなり多くの注文が集中しているので、

こうした現象は決して珍しい事では有りません。

 

この分だとターゲット到達までもう少しかも知れませんね♪

このまま様子を見ていきたいと思います(^^)

ブラストFXの公式ページはこちら