大半の海外トレーダーが意識する「トレンドライン

ラインの引き方は人ひとそれぞれ。

しかし、チャートに1本か2本のラインを引きだけでも、

その日のトレンドの方向性を掴むことに繋がります。

一般的に、ラインを駆使したトレード手法を「ライントレード」と呼ばれています。

 

しかし、多くのFX教材ではこのライントレードに関してあまり詳しく解説いません。

その理由は、初心者には敷居が高いというイメージが高いからではないでしょうか?

しかし、何度か練習を繰り返していくうちにコツが身に付きます。

決して諦めないことが肝心です。

実は、一番シンプルに勝てるのがライントレード

 

私の場合、必ずチャートにラインを引いた上で相場の方向性を判断します。

ラインの引き方は私の場合はヒゲ・胴体両方に引きます。

ヒゲで引けばよいのか、同体で引けばよいのか迷うところですが、

ヒゲ・胴体で引くのか出来れば統一したほうが良いと思います。

様は、トレンドの方向性が確認できればOK

※トレドラインの引き方はこちらの記事でも詳しく解説しております▼

>>>正しいトレンドラインの引き方とは?

 

一見、ラインを引くだけで本当にFXせ勝てるのか?

。。。と疑問に思うかも知れませんが、

実はライントレードのみでも十分勝てる可能性があるといえます。

 

ではこちらのチャートをご覧下さい▼

 

上昇トレンドから下落していく様子をラインから判断していく様子を捉えたチャート

実際のその後の相場はこうなりました▼

 

どうでしょうか?

たった1本のラインだけでその後の方向性の判断に繋げていますね。

 

実は多くの常勝トレーダーが上記の様に、

エントリー前に予め相場のその後の方向性を判断した上でエントリーします。

決して彼らが天才な訳でもありません。

練習さえ繰り返していけば、誰でも出来るようになります。

ライントレードで何を学べるのか?

基本は、ブレイクアウトのタイミングを捉えていくコツが身に付きます

例えばこちらのチャートなどは、

典型的な上昇ブレイクをラインから判断し、エントリーした時の様子です▼

 

FXで利益を上げていくためには、このブレイクに乗ることが基本です。

しかし、実際に動いている相場ですとなかなか判断に迷います。

こうしたブレイクの方向性を掴んでいくためにも、やはりライントレードが有効です。

トレンドラインを自動表示可能なツール

ラインの引き方がイマイチ自身が無い人は、

ラインが自動でチャートに表示されるツールを活用してみるのも良いと思います。

 

こうしたツールを使えば、トレンドラインをオートマチックに自動で表示が可能なので

手間いらず。しかも人間よりも正確にラインを描写することが可能になります。

 

ライン自動表示ツールと言えばやはりイサムさんの「イサムデルタFX」が有名ですね。

過去にこんなレビューを公開してます▼

イサムデルタFXが本物かを検証します!

 

このイサムデルタFXは上下トレンドラインのほか、

サポートレジスタンスラインも自動で表示され、

エントリーサインも自動表示されます

 

ラインを上手く引くのが難しい人はこちらを試してみると良いと思います

イサムデルタFXぼ詳細を見てみる

 

ラインはいわゆる相場の抵抗を示したものです。

この抵抗の付近には多くの注文が殺到していると考えて良いでしょう。

売り・買い注文どちの注文が多いかでその後の方向も定まって来るようです。

損切幅・ターゲットの判断に繋がる

 

FXはエントリーのタイミングでその勝敗がほぼ決まる

。。。。とも言われていますが、

実は損切をどこに持ってくるかも重要になってきます。

浅すぎてもダメですし、幅が広すぎてもダメ。

基本は直近をベースに損切幅を決めていくのが一般的だと思います。

 

では利益確定のポイントとなるターゲット(TP)はどうでしょうか?

ターゲットに関しては「相場の方向転換が予想される手前」が基本。

 

ただし、ターゲットに関してはその場に応じて変更も可能。

強いトレンドが発生していった場合、

とれ~るを活用してターゲットを有利な方向に変更。

こうした事もライントレードで全て解決していくのです。

相場の王道パターンを覚えるきっかけになる!

 

上記はトレンドラインを引く前の状態の下落トレンドのチャート

そして更にラインを加えたものがこちら▼

 

三角にクロスしている価格帯が「ブレイクポイント」になります。

この価格帯をどう試していくかで、

その後のおおよその方向性が決まってきます。

上記の場合は「三角待合」が下落トレンドに転換していくパターン。

 

実は、こうした動きをフレーム化し、

独自の理論でもってブレイクの方向を掴んでいえるのがこちらの「フレームトレードFX」です

フレームトレードFXを検証します!

 

フレームトレードFXとは、チャートを16個のフレームに分割させ、

条件さえクリアできればOK

覚えるパターンは2パターンのみ

 

非常にシンプルな形のライントレードになります。

フレームトレードXの詳細を見てみる

シグナルツールのサイン信頼度強度をアップさせることが可能

大半のFXシグナル商材が、サインツールである事が多いと思います。

ですが、どんな優秀なサインツールもダマシが必ず存在します。

この騙しサインを見抜くことが出来ないと、結果的に負けトレードに繋がります。

 

ですが、こうしたサインツールはライントレードで信頼度を引き上げていくのも

ライントレードなのです。

 

ちなみに、私はブラストXのほうを使っています。

ラインを加えるとサインの騙しを見抜くことが可能んあるので、

有効なサインのみを確認していくことが可能になります。

 

是非あなたも試してみると良いと思います。

ブラストFXのサインは逆張りなので、

ラインを引けば順張りシグナルとして活用する事も可能になります。

 

※今なら以下の特典も無料でもらえます

※天井・底から利益をごっそり確保▼

プレゼントの詳細はこちら