スキャルピングは、短期で利益を狙っていけるので

FXトレードの中でもポピュラーな手法。

この私も数年前はスキャルのみのトレードに絞っていました。

 

しかし、スキャルピングは短期で利益を狙える分、リスクも非常に大きいのが事実。

これはエントリー毎のロット枚数にもよるが、

よくありがちなのが負けを取り戻そうとして無茶なエントリーに走り、

結果として大損を食らってしまうような失敗は

FXを経験していえば誰しも遭遇すると言って過言ではありません。

 

また、スキャルピングと言っても利食いに至る方法は数種に分けれ、

プロトレーダーが良く行う、秒単位で決済に至るリスキーな手法と、

ポジションを数分~数十分間保有していく様な方法もあります。

 

当然ながら、秒単位で決済に至るリスキーなスキャルピングは、

ハイロット(※最低50万通貨~100万通貨)でエントリーするのが一般的なので、

負けた時の心理的ダメージが非常に大きく、初心者は絶対に行うべきではありません。

 

ここで紹介する商材は以下のポイントに絞りながら

初心者でも短期で手法をマスター出来る商材をご案内しています

 

  • ポジショの保有は数十分~長くても2.3時間程度
  • エントリーの根拠がしっかりしている

 

また、スキャルピングには「逆張り」「順張り」の2種類のエントリーパターンが有ります。

大きく利益を伸ばしていくには、出来れば両方のエントリーパターンを身に付けると便利です。

トレンドフォローで攻めるならこれ!

Gold Scal FX ~国際ライセンスCFP監修・月収200万円計画~

 

新講師である「ディーン・カタギリ」さんは、

ファイナンシャルプランナーの
頂点ともいわれる世界で認められた資格「CFP」を持つFXトレーダー

 

5年連続・毎月無敗を実現した絶対ルールをシステム化

手法は典型的なトレンドフォロースキャルになります。

独自ツールの「ゴールドチェーン」よりもローソク足が上にあるか下にあるかで

売り・買いを判断していきます▼

 

上のゾーンであれば「買い」下のゾーンであれば「売り」と判断。

一見単純移動平均線似ている「ゴールドチェーン」ですが、

緻密に計算された指標になるので、一般的なSMAやEMAとは異なります。

 

エントリールールもシンプルで、

2本のラインを元にエントリーを判断していく形になります▼

 

チャート一番下に確認出来るシグナルを元に決済を判断。

このシグナルは逆張りなのでトレンド転換を意味する。

 

つなり、エントリーは「順張り」で決済はトレンドが転換する逆張り目線。

スキャルピングの中でも王道的な手法になります。

手法の詳細を見てみる

 

相場のリズムを利益に変える「逆張り」の典型ならこれ

愛トレFX~約束された女神の相場領域~

 

スキャルピングは5分足などの短いローソク足でエントリーを判断するので、

1位間足などに比べ、ノイズが多く生じます。

この為、エントリーのタイミングを絞る必要があります。

 

ここで上げる愛トレFXとは、典型的な逆張り型のロジック

 

チャートパターンは白と黒の2種。

お好みの色を選択する事が可能です。

黒のパターンはこちら▼

 

※上記のチャート画像のトレードの感想はこちらで公開しています

愛トレFXは本当に勝てるのか?

 

愛トレFXも専用のチャートシステムが付属してきます。

こちらを使用する事で、初心者の方でもエントリーのタイミングを判断していけます。

 

正し、システムをしっかり使いこなして行くためには、

愛トレFXの手法をしっか理科していく事が利食いに繋げるコツ。

愛トレFXで最も勝率が高いと感じたのは、上記2つのチャートの様な相場。

 

つまり、

下落トレンド、または上昇トレンドが大きく転換タイミングですね。

手法のイメージはこんな感じです▼

 

トレンドの起点が水平ラインとなり、ここを上下に抜ける事でブレイクが生じます。

この「相場の爆発領域」をチャートから判断していけるので、

1度のエントリーでも大きな利益に繋げて行く事も可能です。

 

経験上、相場が大きく転換するタイミングには必ずダマシが存在します。

このダマシに引っかかると、相場がその後大きく転換して損を食らうのです。

 

しかし、こうしたダマシを避け、上手くトレンドの転換を判断していく事で、

利益に繋げて行く事が可能になりま。

「どうせ初心者には難しいのでは?」

。。。こうした初心者意識は相場では通用しません。

 

むしろ、愛トレFXのような逆張り志向も身に付ける事が

無駄なエントリーを避けるポイントとなると思います。

愛トレFXの詳細を見てみる

 

まとめ

今回は、順張りと逆張りの両方の手法に関するノウハウをご紹介してみました。

出来れば、順張りと逆張りの両方のエントリーパターンを身に付ける事で、

逆張りエントリーすべき相場

順張りエントリーしべき相場

の区別が付きやすいと思います。

 

順張りエントリーが適しているのか、

あるいは逆張りで押し目や戻り売りを狙うべきなのかは、

相場によって判断していく事が大事です。

 

手法に関する動画をマスターしたら、

実際に動いている相場で出来るだけトレード経験を積んでいく事も大切です。

こうした地道な努力こそ、勝ち組トレーダーに繋げて行く道だと思います。