▼MAX岩本氏の最新作「ミダスタッチ波動FX」▼

>>>>公式サイトはこちら

 

「ミダスタッチ波動FX」と「1秒スキャルFX」

何方を購入するべきなのか?

。。。。そんなご質問を最近頻繁に頂きます。

 

基本的に両者共に「トレンドフォロー手法」なのですが、

最新作である「ミダスタッチ波動FX」の方が若干値段が高いので、

1秒スキャルFXとどの様な点において異なるのか疑問に感じる方も多いようです。

 

そこで今回の記事では

”ミダスタッチ波動FXと「1秒スキャルFX」の違い”

について詳しく解説します。

 

因みに、当方は両方の教材の中身を確認済みで、

そこそこのトレード経験もあります。

トレーダー目線から見た両者の違い

についても書きたいと思います。

「ミダスタッチ波動FX」と「1秒スキャルFX」の大きな違いについて

 

まず、最新作である「ミダスダッチ波動FX」

(※ミダスタッチ波動FX・レジェンドアカデミー)ですが、

従来の順張りの手法に加え逆張りの手法が追加されました。

 

「黄金ライン」というその日の「中値」を基準に、

相場に応じて「順張・逆張」の目線でエントリーを仕掛けていきます。

 

この「黄金ライン」は専用チャートにて自動で描写されます。

※「ミダスダッチ波動FX」のレビューは以下でも公開しています。

ミダスタッチ波動FX・レジェンドアカデミーを購入しました

 

黄金ラインにより描写される「中値」はその日の中間に値進価格になり、

ここをローソク足がどう試していくかで「買い」「売り」を判断します。

ミダスダッチ波動FXの公式ページはこちら

 

使用するインジケーターは異なる期間の移動平均線。

基本的には、ある程度トレンドが出ている相場で効力を発揮する手法。

まぁ、これに関してはどの手法に関しても同じですね。

「1秒スキャル」はごくシンプルな「順張りロジック」

>>レビューページはこちら

 

これに対して前作の「1秒スキャルFX」は、

トレンドの状態を2色の色で判断していく順張りロジック。

 

 

色が変化したらエントリー決済を判断していくシンプルな手法。

これに加え、「MAXジャッジメント」と言う独自のツールにて

「通貨の強弱」を判断した上でどの通貨ペアでエントリーするかを判断していきます。

1秒スキャルFXの詳細を見てみる

 

 

この「MAXジャッジメント」と同等の機能がミダスダッチ波動FXにも付属してくるので、

この点に関してはどちらを購入しても問題は無いかと思います。

 

実は、通貨の強弱に関して詳しく解説されている教材は少なく、

岩本氏の教材は非常に貴重だと私は思います。

トレードにおいて、その日どの通貨が「買われ」ていて、

どの通貨が「売られてる」のかを判断することは、

どの通貨ペアでエントリーを判断する事に繋がるからです。

「通貨の強弱」の判断こそFX勝利のカギである

 

多くの商材は、1通貨ペアのみを監視しながら

独自のルールに沿って売買を繰り返すのが基本スタイルですが、

これだけでは正直勝てません。

 

確かに、1通貨ペアに集中してトレードすること自体決して悪い事ではありません。

が、為替というものは、様々な要因が影響しながら変化します。

 

例えば、「ドル買い」が起きた場合、ドル関連の通貨ペアに影響します。

この場合、ドル円は上昇し、ユーロドル・ポンドドル等は下落傾向になります。

が、同じ通貨絡みの「ユーロ円」「ポンド円」などは、

「円」の関係上、緒の場合は「底固い状態」になり易くなります。

 

※FXで勝ち続ける為には、

最低でも主要通貨ペアの通貨強弱を確認するのが望ましいと言えます。

 

少し面倒かも知れませんが、

始めのうちは「ドル円」と「ユーロドル」のみの逆相関を意識していくのも良いでしょう。

この先本気でFXで勝ち続けていきたいと考えるのであれば、

ここまでするべきだと思います。

どちらを購入しても決して祖は無い!

「ミダスタッチ波動FX」と「1秒スキャルFX」

いずれの教材も

”通貨の強弱から、勝率の高い通貨ペアを判断していく”

というもの。

 

この点においては双方共に共通していますので、

どちらを購入したとしても

それなりに「通貨の強弱の仕組み」を学べると思います。

 

正し、「ミダスタッチ波動FX」は後発リリースである為、

若干「ボーナス特典」や、「リアルトレード動画」に関するコンテンツが多い様に感じます。

また、手法に関してもミダスタッチの方は2パターン公開されていますので、

こちらの方がある意味「お得感」を感じられるかも知れません。

 

どちらの商材も基本的には「トレンドフォロー」が主体で、

ミダスタッチの方は「逆張り」でエントリーする方法も紹介されていますが、

5分足でのエントリーなので、長期足的には順張りと捉える事が可能です。

 

トレード経験の未熟なアフィリエイターのブログなどでは、

初心者は逆張りは敷居が高い方辞めた方が良いと平気で豪語する人もいますが、

「逆張り」自体が決してダメなのではなく、

”逆張りでエントリーしたほうが

勝率の高い相場を判断する事”

が最も大切な事であり、勝率UPにも繋がると思います。

 

ここからはあくまでも個人的な意見になりますが、

”より、高度なスキルを身に付けたい”

のであれば、「ミダスタッチ波動FX・レジェンドアカデミー」をおススメします。

ミダスタッチ波動FX・レジェンドアカデミーの詳細へ