相関トレードを極めるならこちらがおススメ!

ドル円とユーロドルの「相関トレード」鉄板エントリー

 

相関関係」とは、

異なる2通貨ペア同士が互いに連動したり反発し合う動きの事を指します。

 

この、異なる通貨ペア同士の「相関関係」を上手く利用する手法を

相関トレード」と呼ばれています。

 

例えば、ドル円とダウが良く似た動きをすることで有名ですよね?

この他にも、ユーロ円&ポンド円が似た動きなる傾向が有り、

マーケットが様々な要因で連動して動いている為に起こる現象です。

 

相関トレードは、複数の通貨ペアの動きから

エントリーポイントを絞って行くのがポイントとなります。

一見、マルチフレームトレードにも似ていますが、やや異なります。

 

先日も、ドル円と、ポンド円で200pipsを獲得したのも

実は、この相関関係を利用したものだったのです(^^;

 

相関トレードは、トレーダーによって色んな見解が有ると思いますが、

私の場合は、ドル円とユーロ円&ユーロドルや、

ドル円と、ポンドドル&ポンドドルの3っの通貨ペアの相関関係を利用しながら、

1つの通貨ペアに絞りエントリーを定めます。

 

ここでは

ドル円とユーロドルの通関関係を利用した、トレード戦略についてお話したいと思います。

 

ドル円とユーロドルは反発しやすい!!

 

ドル円、ユーロドル共に1時間有りチャートになります。

互いに反発していることがチャートから判断出来ます。

 

同じドル絡みの通貨ペアであっても、

ドル円とユーロドルは逆相関の関係にある為、反対の動きになり易いのです。

 

つまり、

ドル円が下がれば、ユーロドルは上昇しやすいということです。

 

「相関関係」を利用することで、

相場の動く方向性が分かり易くなる場合が多いので

エントリーポイントを絞り易くなるのす。

 

「相関関係」には、「正の相関関係」負の相関関係」の2つが存在します

正の相関関係

複数の通貨ペア同士で互いに連動し合って動くパターン

負の相関関係

複数の通貨ペア同士で反発し合って動くパターン

 

ここでユーロ円を加えてみて

3通貨ペアの相関関係を比較してみたいと思います。

ドル円&ユーロドルが「正の相関関係」なら、ユーロ円も連動しやすい!

 

上記は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の3っのチャート

それぞれ同じ1時間足になります。

 

ドル円とユーロドルは基本的に「逆相関」の関係にあるのですが、

時には同じ方向に動く場合も有ります。

 

つまり、

”ドル円&ユーロドルが共に上昇している時は、

ユーロ円はさらに上昇しやすくなる”

 

ということになります。

同じような事が、ドル円&ポンドドル、ポンド円でも言えます。

ドル円&ポンドドル、ポンド円の相関関係について

 

やはり、こちらも、ドル円&ポンドドル、ポンド円が

同じタイミングで動いているパターンが見受けられます。

 

ドル円か、ポンド円どちらでエントリーしようか迷った場合には、

こうした複数の通貨ペアの相関関係を比較することで

エントリーが絞り易くなります。

 

ちなみに、ユーロ円・ユーロドルよりも、

ポンドドル・ポンド円の方が流動性が乏しい為値動きが激しくなります。

その分ポンド系は稼ぎやすいとも言われています(^^

 

こうした相関トレードは、巷に出回る商材のロジック等にも応用可能です。

例えば、スキャルピングなら「恋スキャFX」などがおススメです▼

 

恋スキャFXの手法は、

レンジ相場、トレンド相場を的確に区別しながら

利食いを目指す手法です▼

 

ちょっとした「」を利益に変えていけます

恋スキャFXの詳細を見てみる

 

このほか、ライントレード等を加えるのもおススメです。

ライントレードは様々な相場で活躍する唯一のトレード戦略であり、

本日ご紹介した相関トレードにも役立ちます▼

 

「たった1本のライン」を引くだけで、相場の状態をしっかり判断出来る

のがライントレードのメリットです▼

 

その日の方向性を探る事が利食いのカギとなるので

非常に優位性の高い手法です

どんな相場からも利益を生み出すロジックとは?

 

是非見ておいて下さいね☆

ありがとうございました(^^

 

AIテクノロジーが生み出した鉄板デイトレロジック

人工知能が生み出した奇跡のツールとは?